補助金の申請を電子的に行うことができるようになります<経済産業省>

経済産業省では、補助金申請の手続を効率化するため、補助金申請システム(Jグランツ)を開発、リリースしました。これにより、いつでも・どこでも申請が可能となり、交通費・郵送費等のコスト削減や過去に申請した情報の入力や書類への押印が不要になるなどの、手間やコスト削減が図られることになります。

対象となる補助金は、経済産業省の補助金では2019年度補正、2020年度当初予算で27補助金が対象となります。
また、経済産業省の補助金だけではなく、各省や自治体の補助金にも、随時拡大される予定です。

なお、利用には「GビズID」を取得する必要がありますが、審査には2~3週間の審査期間が必要となります。補助金申請を利用する方は早目の申請が必要です。

GビズID(gBizID)

詳細は、経済産業省Webサイトを確認願います。

補助金申請システム(Jグランツ)を開発しました <経済産業省>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA