• デジタル資産・遺品に関するお悩みはオフィス・マサミまで。

相続関連

相続人調査

相続手続きのためには、全ての相続人の戸籍が必要となります。
被相続人の出生から死亡までの戸籍、兄弟姉妹の戸籍等を読み取り、遠方であれば郵送等で請求する必要があります。

書類作成の専門家であり、戸籍収集が法律で認められている行政書士に依頼することで、面倒な戸籍収集を短期間で行うことができます。

相続財産調査

相続財産には、プラスの財産である不動産、預貯金、動産、現金、金融商品など様々なものがあります。
当事務所では、相続財産の一覧である財産目録を作成するために、金融機関の残高証明書の取得を代行します。
不動産については、パートナーの司法書士に調査を依頼いたします。

デジタル資産・遺品調査

パソコン、タブレット、スマートフォンの普及により、インターネットバンキング、インターネット証券、インターネットショッピング等のインターネット取引の利用が進み、被相続人(故人)の財産(プラスのもの/マイナスのもの)が目に見えない形で残っている可能性があります。

IT/ICTに強い当事務所へご依頼いただければ、IT機器に残された情報等からデジタル資産の一覧を作成します。

また、近年はIT機器やSNS上に残った画像、動画、音声、文書などデジタル遺品の取扱いの相談も増加しています。

IT機器(パソコン、タブレット、スマートフォン)・記録媒体(CD、DVD、USBメモリ、SDカード、ハードディスク)に残されたデジタル遺品、インターネット上(Webページ、ブログ、SNS等)のデジタル遺品の取扱いに関するお悩みは、守秘義務がありIT/ICTに強い行政書士が在籍する当事務所へご相談下さい。

デジタル資産・遺品調査

書類作成

相続手続きには、いくつかの書類作成が必要となります。

当事務所では、相続に関する財産目録、相続関係図、遺産分割協議書の作成を承っております。

相続財産の名義変更

相続した財産は、相続人へ名義変更する必要があります。
不動産については登記変更が必要なことから、司法書士へ依頼することになります。また、相続税の計算・申告は税理士へ依頼することになります。

当事務所では、相続した動産(自動車)の名義変更を承っております。

札幌近郊については、訪問による無料相談を承っております。
まずは、以下の無料相談フォームより連絡をお願いします。