• デジタル資産・遺品に関するお悩みはオフィス・マサミまで。

インターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について

令和元年(2019年)9月からインターネットバンキングに係る不正送金事犯による被害が急増しています。

9月における発生件数は436件、被害額は約4億2,600万円であり、9月の数値について、発生件数は平成24年(2012年)以降最多、被害額は2番目に多い水準となっています。

被害の多くはフィッシングによるものとみられますので、メールやSMSに記載されたリンクからアクセスしたサイトにID・パスワード等を入力しないよう御注意ください。

詳細は、警察庁Webサイトを確認願います。

http://www.npa.go.jp/cyber/policy/caution1910.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA